CSプランニング

会社概要 サービス内容 無料開業相談 お問合せ

    Home > サービス > 空き店舗・事務所探し > 物件をお探しの方





単なる物件サーチサービスのみでは無く、地元の業者・地主からの協力の元、地元ならではのリサーチ結果に基づいた物件提案を
致します。豊橋市・豊川市・浜松市・田原市・蒲郡市・宝飯郡・新城市及びその近郊の物件を探されている方のサポートを致します。

【物件種類】

●貸店舗 ●居抜き店舗 ●事務所 ●貸倉庫 ●貸地 ●売地 など


  店舗・事務所発掘のアウトソーシング

チェーン、フランチャイズ、新規開業の場合でも、希望の条件での物件確保は大変な労力が必要です。多くの企業では自社スタッフを使い、出店可能なエリアや店舗を探していますが、人件費の拡大・ノウハウ不足により表面的な調査しかできない、など様々な問題があり、効率的な店舗開拓ができません。
当社の「空き店舗・事務所探し」は、長年、店舗物件を扱ってきた独自のノウハウ・ネットワークを活かし、企業様に代わって店舗の調査・開拓を行います。希望のエリア、時期、規模、出店規模、ご予算に応じた調査代行の他、周辺地域の顧客ニーズなども調べ、提案を行うことにより、出店準備等に係わる費用効率を大きくアップさせることができます。


  物件探しをされる前に(出店者様向け)

お客様のご要望に合った物件をご提案させて頂くのが当社の役割ですが、ご依頼頂く前にお客様のご要望をまとめて頂くことが重要となります。お客様のご要望をまとめて頂くことによって、より早く良い物件を見つけることにつながります。

どのような立地に出店するか考える
店舗が出店する立地のタイプには、大きく分けて「都心・繁華街タイプ」と「郊外・住宅地タイプ」があります。
「都心・繁華街タイプ」は、店のまわりに多くの流動人口があり、潜在的な客数は多いですが、その分、家賃その他の初期条件が高く、損益分岐点が高くなりますから、売上が上がらなければ経営を圧迫します。
「郊外・住宅地タイプ」の立地は、比較的大型の店を安く借りることが出来たり、駐車場を整備したりすることも可能ですが、「ついで利用」や「とりあえず利用」が見込めない場合が多く、確実にお客様を集めることが出来る業態を設定することが必要になります。


どのような物件タイプを選ぶか考える
店舗物件は、「一般貸しビル内店舗」「商業ビル内店舗」「商業施設内店舗」「独立店舗」などのタイプに分かれます。
それぞれのタイプによって、家賃条件や工事費用なども変わってきますので、計画している飲食店が、どのタイプの物件に出店するのが適しているのかを慎重に検討する必要があります。


物件を判定するポイント
誰にでも判る「良い物件」は、当然ですが競争が激しく、家賃条件も高くなりますから、そう簡単に入手できません。かといって、周辺の相場より安い物件には、何らかの問題がある場合も多いものです。
店舗のタイプによって、どのような立地、どのような物件が良いか、規模はどのくらいがベストかなど、事前に最低限の基準を定めた上で物件を見ていかないと、物件の雰囲気に左右されて判断を誤る可能性があります。
物件の最終的な判定は、事業計画書と試算表(10年間程度の事業収支計画)を作成し、それに沿って数値で検討していくことが大事です。







  About CS Planning | Contact Us